アロマテラピーとは
アロマテラピーって何?
アロマテラピー アロマ=芳香、テラピー(セラピー)=療法で、日本語では『芳香療法』と訳されます。

アロマのお店に行くと、よく小さい瓶が売られてますよね。
あれは、精油といって、英語ではエッセンシャルオイルともいいます。
植物の香りのする部分から採られた、芳香成分のみを詰め込んだものです。
この香りのする部分とは、植物によって異なり、たとえば果皮や葉、花びらから採取されます。

植物の中で、香りのする植物(芳香植物)のグループがありますが、特にハーブがそうですよね。
エッセンシャルオイル(精油)も、ハーブから採れるものが多いです。
あと、果物(特に柑橘類)の皮もいい香りがしますので、果物から作った精油もアロマテラピーではよく使われます。
アロマテラピーはなぜ効くの?
では、アロマテラピーがなぜ人体に効くのでしょうか?

植物にとって、この芳香物質は、人間のホルモンのような役割をしていると言われています。
それぞれの精油によって、主な作用は異なりますが、精油にはリラックスさせる鎮静作用やホルモン調節作用があります。
この植物ホルモン様物質は、微量でも人体に吸収することにより、人間の調節機能にも働きかけるといわれています。

また、香りを嗅ぐという行為は、人間にとって太古からある原始的行為で、基本的能力です。
この原始的行為は、直接脳にはたらきかけ、いい香りなどの嗅覚による刺激は、脳をリラックスさせ、ストレスによる苦痛をやわらげる働きをします。

現代人は、普段自然に接することや、ましてや自然のものを体内にとりこむことも少なくなりました。この環境は人間にとっては本来不自然なことです。

現代社会が発達するにつれ、アロマテラピーが流行ってきたのも、無意識に自然と接したい、ライフスタイルに取り込みたいという気持ちがあったからかしれませんね。
では、なぜアロマテラピートリートメントが体に良いのか?
アロマテラピーではいろいろな取り入れ方、活用方法があります。
では、なぜアロマテラピートリートメントがおすすめなのでしょうか?

アロマテラピートリートメントは、精油を使ってマッサージを行いますが、そのまま塗布すると精油は人体には濃すぎますので、薄めて使用します。
精油は油に溶けるので、オーガニック植物油をベースに、その中に本日の体調に合わせて選んだ精油いくつかを入れて、ブレンドしたオイルを使います。

オイルにまぜてマッサージすることにより、脂溶性の精油を、直接肌に吸収することができます。また精油の分子構造は小さいので、血管に入ることができ、全身に運ばれて吸収されます。そして、マッサージにより血行が良くなるので、さらに吸収が促されます。

お肌にも、ベースの植物油と精油の有効成分がWで吸収されるので、乾燥を防ぎうるおいをキープします。

マッサージ自体も、からだにとっては非常にいいことです。こりをほぐし、全身の血行を促すことで、疲れが取れたり、体がリフレッシュしたりします。

また、人の手でゆったりと触れられる時間というのは、多忙な生活においてあまり機会がありません。あたたかい人の手でしっかりとマッサージされることで、深いリラックス効果とともに、自分を大切にし、自分を見つめ直す至福の時間をもたらします。

嗅覚に関してははどうでしょう?
トリートメントを受けている時は、もちろんトリートメントルームの中では、あなたのために今日ブレンドした精油の香りがほのかに漂います。
トリートメントを受ける間に、この香りを嗅ぐことで、さらなるリラックス効果が嗅覚からも得られます。

テクノストレスが強いと、精神的ストレスも大きくなると言われていますが、 精神的ストレスが続くと神経や筋肉の緊張が高まり、身体的ストレスにもつながってしまいます。
身体の疲れがたまってくると、心もイライラしがちです。心と身体の両方に働きかける精油によってあなたのご体調に合わせて、精油をオリジナルブレンドし、心と体の両方に働きかけるホリスティックなアプローチをいたします。
ページの先頭へ